玄関収納の組み立て

こんにちは!現場スタッフの駒井です。

弊社では、玄関収納に天井高いっぱいまでの大きなシューズボックスを使うことが多いです。

今回はその組立ての様子を紹介します。

まずは箱を開けて、扉の受け金具を取り付け。

そしてこんな部品を板と板との連結部分にさしこみ、背板についている金物をドライバーで回すと板同士がしっかりと連結されます。考えた人すごいですねー…

そんな要領でどんどん組み立てていきます。

上と下の板を取り付けて
背板をはめて銀色の金物を回して連結
最後に側板をはめてまた連結

箱が組み上がったら4つ重ねて、箱同士を連結してから壁にしっかりと固定。

最後に扉を取り付けて、中に仕切り板を入れて完成!

下の段も同様に仕切板が4段あり、扉の裏は傘立て&スリッパ立てになっています。(写真取り忘れました…)

これくらいの収納があれば玄関が靴であふれることも少なくなると思います。

 

以上、玄関収納の組み立ての紹介でした!

現場の小技を考える

こんにちは!現場スタッフの駒井です。

只今豊浦町にて平屋の戸建住宅を建築中です。

住宅内部の壁には石膏ボードと呼ばれるものが使われていて、それを張る作業には集塵丸ノコを使います。

普通に丸ノコで切ると部屋中粉だらけになるので、切りながら粉塵を吸い込む集塵丸ノコを使う職人さんがほとんどです。

ふと気づいたんですが、これでボードを切っていると前方から周囲に結構な勢いで粉が撒き散らかされるんです。

現場が汚くなるのでなんとかしなければと思い、悩むこと2分。

集塵丸ノコ

100均のファイルを切り、養生テープでぺったん。

これで前に飛ぶ粉のガードが完成。

試しに切ってみると…ほとんど粉が撒き散らない!!うまくいってよかった。

こんな感じのちょっとした工夫をして、ちょっとでも楽になればと思いながら日々仕事してます。

以上、現場の小技でした!