リモートワークはじめました

弊社でもとうとうリモートワークを導入しました。

というのも子供がもらってきた風邪が僕以外にうつってしまったんです。。

割と健康だった僕は家で家族を見ながら仕事できるかな?と思い、社長に相談したところなんとOK。

お言葉に甘えてありがたく自宅で仕事をさせてもらいました。

事務仕事に関してはネット回線さえあればほぼできるので特に問題はなし。

途中邪魔が入りながらも、

やるべきことはしっかりとできています。笑

自分の意志と戦うよりも、むしろねこが乗ってくるのをなんとかするのが先決かもですね🤔

ともあれ、こんな形で仕事をさせてもらえて本当に感謝しています。

引き続きしっかりと頑張っていきたいと思います。

セコカン取りました

建築ではなく、今回資格取得したのは管工事のセコカン。

正しくは「管工事2級施工管理技士」の資格です。

これは給排水設備工事やダクト工事、浄化槽工事などなど、設備関係の作業や施工計画、及び安全管理等の技能をもっていると証明するための資格です。

管工事1級になるとプラントなどの大規模設備工事の施工管理ができる、監理技術者になることができますが、木造がメインなので今は不要かなと思っています。

もしタイミングが合えば1級の資格取得を狙ってもいいかもしれませんね。

もともと設備工事にも興味があった

建築大工として仕事をしていると、よく設備屋さんの配管作業などを見ることがあります。

正直、設備の実務はあまりよくわかりませんが、大工をしながら現場を回していくにあたり、設備工事のことも理解しておく必要があるなーと以前から感じていました。

それにどうやって配管してるんだろう、どんな風に施工しているんだろう、という興味もあったため、まずはセコカンの資格をとってみようと決意。

そんな中、タイミングよく管工事施工管理技士の資格取得をサポートしてくれる講習会に参加することができることがわかったため、受験を決めました。

(二級建築士の申込期限を過ぎてしまい、その代わりという意味合いもありますが)

札幌開催の講習会に通う日々

7月~11月の間、札幌のコンベンションセンターで講習会が開催されました。

コロナの真っ只中ということもあって多少心配でしたが、会場も運営団体も検温や席の間隔を開けたり、換気をこまめにするなど非常に配慮して講習を開いてくださったのでとても安心できました。

月に2回程度でしたが、毎回知らない知識をみっちりと叩き込まれるので毎回頭がオーバーヒートしました…

でも講習はわかりやすかったので理解も早く、試験対策テキストの出来も非常に良かったため、無事に合格することができました。

今年の目標は二級建築士

昨年受けられなかった二級建築士の資格取得が今年の目標です。

以前だと講習を受けに遠くまで通う必要がありましたが、最近ではWEB講習を採用する団体もかなり増えてきており、田舎住まいというハンデもだいぶ無くなってきたと感じています。

(父の世代は苫小牧まで通っていたそうでした、マジ大変)

WEB講習のメリットを最大限に享受し、取るべき資格はどんどん取っていこうと思います。

お待たせしてすみません。

今、自分の無力感に打ちひしがれながらひたすらもがいています。

慣れないフロント業務、今までとは勝手がだいぶ違うので悪戦苦闘の毎日です。

どうやったらお客さんにわかりやすく伝えられるか、
見積もりはどう出したらいいのか、抑えるべきポイントはどこなのか。

やらなければならないことが山のようにあり、毎日悩みながら手を動かしてひとつずつこなしています。

仕事の優先順位の付け方が下手で、お客さんをお待たせして申し訳ない気持ちもありながら、目の前の仕事を片付けている状況です。

 

今までは現場仕事だけで自分の役割は終わっていましたが、これからは
フロントとしても動いていかなければいけない。

そう考えたらまだまだ覚えるべきことは山のようにあります。

ましてや田舎の小さい工務店ですし、従業員がいるわけでもない。

だからなおさら自分の能力を向上させようと思うし、効率を上げるための工夫を何かしらしなければならないという気持ちにもなる。

とにもかくにもひたすらやる、やる、やり続ける。

効率的なこととか革新的なことは思いつきもしないので、とにかくやりつづける、頑張って完成させるしかない。

 

悩んでる暇があれば手を動かさないと。がんばります!

高性能住宅の勉強

勉強のための本が届いたので早速読み始めています。

「エコハウス超入門」

「採光の断熱・エコハウスをつくる方法」

「Q1.0住宅 設計・施工マニュアル」

今回はこの3点を買いました。

勉強のための本です

パッシブハウス・ジャパンに聞いてみた

自分は省エネ建築診断士の資格取得をめざしているので、少しでも
予備知識としてハイレベルな施工技術を知りたかったのです。

それなら直接聞いてやれ、ってことで先日パッシブハウスジャパン
(資格発行元)に直接問い合わせてみました。

そこでは使っている参考図書があるということ、
またその道で著名な方を教えていただきました。

今回買ったのはその方々の本です。

すぐ施工のレベルが上がりそう

最初に読んでいるのは「Q1.0住宅 設計・施工マニュアル」です。

施工マニュアルと謳ってるように、図解が非常にわかりやすい。

読んだらすぐ実践できること、また施工のポイント、
留意点も明確に説明されています。

設計担当者はもちろん、大工さんも読むべき本だと思います。

 

現場の意識改革にもおすすめ

施工レベルを上げるためには施工者、つまり大工の意識改革が必要です。

いくら管理側が知識をつけても大工にしっかりと伝わらなかったら
全くの無意味、絵に描いた餅です。

この本は曖昧な住環境の理論を明文化してくれています。

施工者(=大工)はその理論を前提条件として頭に入れてから作業する。

それだけで作業の見方が変わり、自ずと施工のレベルは上がります。

自分も大工ですが、かなり現場作業の見方が変わったように感じました。

 

おわりに

施工者でもある僕はしっかりとこの知識を体得し、
速やかに現場作業に活かせるようにしたいと思います。

それによって一棟でも多く良い性能の住宅を残していければ
お客さんにも満足してもらえるだろうし、僕も嬉しいです。

そんな気持ちで今後も勉強していきたいと思います。